正しく安全に!が第一

自動テクスチャー08車運転に関しての交通安全という点では、何をさておいても「正しく安全に!が第一」です。
そして、そのことを具体的に実行するには、「初心忘るべからず」の精神を貫くことが極めて大切です。
もちろん、初心者のときは運転に不慣れですから、事故は起こしやすいのですが、結果としては軽微な事故で収まります。慎重に運転するという姿勢は持っており、それに対して運転技術の未熟さと不慣れからくる失敗が原因ですから、ガードレールに車をこすってみたリ、バックインのときに車の曲がり具合が実感できず、フロントに傷をつけたリしてしまうことはありますが、大きな事故には結びつきません。スピードを出し過ぎないことと慣れからくる過剰な自信がないからです。
こうしたことを踏まえると、自動車運転では、初心を忘れないことがとても大切なのです。
安全運転のもっとも大事なところは、スピードを出し過ぎないことであり、このくらいなら大丈夫という慢心を持たないことなのです。悲惨な事故の特徴は、初心者よりも経験豊富な人に多いことで、運転の技量も高い人が、慣れからくる過剰な自信で、運転を誤ることが多いのです。
常に初心に戻り、正しい運転をすることが安全運転の基本であり、そうすれば交通事故は撲滅も可能なのです。