子供・高齢者を事故から守るには

私たちの生活を便利にするために、車はなくてはならいない存在になりました。その一方で、人を巻き込むような交通事故も多くテクスチャー11発生するようになりました。そのような事故をなくし、交通事故から人を守るためには何をしなければならないのでしょうか。
ドライバーの意識の改善を図ることは真っ先に上がると思われます。集中力を失わないために長時間の運転はしない、道路を曲がる際や後ろに下がる際には必ず後方確認を行う。車間距離を広めにとる。歩道や車の陰からは子供が飛び出してくる。高齢者が道路を横断する際には時間がかかるので、先を急がない。このようなことは書いてみれば当たり前のことなのですが、当たり前のことなので意識が低くなることも考えられます。まずはそのような当たり前のことをドライバーが意識することは、免許を持っている人として最低限のことです。
そして、事故に巻き込まれないような歩行・自転車運転も必要だと考えます。もちろん、飲酒運転や無謀運転に巻き込まれる最も不幸な交通事故は防ぎようがありません。しかし、道路を渡る際には必ず信号機のある場所を選んだり、物陰から道路を横断する際には必ず車がきていないことを確認したり、自転車に乗る際にはイヤホンを使い音楽を聴きながら運転しないなど、自分たちから事故を誘発するようなことをしない、つまりは歩行者は弱者だからこそ、自分の身は自分で守るような行動を小さい子どもに教えたり、高齢者にも再確認してもらうことも必要ではないかと考えます。

Comments are closed.