交通マナーを守ろう

自動車の運転と言うものは、一歩間違えれば命に関わる問題になるものです。そこまで行かずとも、ケガをして後遺症などで苦労することもあります。運転者が傷つく時もありますし、歩行者や自転車の利用者が傷ついてしまう時もあります。何か起きてから「気を付けておけば良かった」と思っても遅すぎます。交通マナーをしっかりと守って、こういった事故は絶対に起こさないようにする心がけが大切です。
教習所で習う通り、運転する時にはさまざまなことに気を付ける必要があります。例えば、スピードです。走る場所によって法定速度はさまざまですが、危険が多いのが曲がり角です。早く曲がろうとすることで歩行者と接触する恐れがあります。きちんと一時停止をして、確認をしながら安全な速度で進むべきです。
また、信号が変わるタイミングの時も注意が必要です。電車の駆け込み乗車と一緒で大変危険です。慌てて何かをするということは、いつもの安定した精神状態とは違いますから、ケガや事故につながる可能性がいつもよりも高くなるものです。
車に乗る時はいつも余裕を持って、曲がり角や信号のない横断歩道などで、歩行者に配慮した運転に努めて安全に走ることが大切と言えます。

Comments are closed.