二輪車を運転する時の注意点

自動二輪を運転する場合、どうしても車の左側をすり抜ける、いわゆる「すり抜け」が多くなります。しかし、この「すり抜け」時には周囲の状況をよく見ておくことが必要です。例えば、渋滞中の車の脇をすり抜ける際、突然タクシーなどのドアが開く場合を想定してできるだけ速度を落としておくことが大切です。渋滞時には、歩行者の飛び出しなども起こりやすいので、その点もよく見ておかなければなりません。また、交差点進入時も非常に事故の多いケースと申せます。直進する二輪車と右折する車の衝突事故は、非常に避けづらい事案だからです。これは、車体が小さく、それでいて速度が速いバイクや自転車との距離感が車側から掴みにくく、車は実際の距離よりも遠くにバイクや自転車がいると認識しやすいために、目測を誤って衝突してしまうという目の錯覚が引き起こすものですので、一方がどれだけ注意していても避けきれない場合が多いからです。交差点に直進で進入する場合はいつ右折車が目測を誤って進入してくることを常に考えて、充分に速度に注意しながら危険回避のためのハンドリングやブレーキングなどに対応できるよう心構えをしておく必要があります。つまり、それだけバイクや自転車を公道で走らせる際には神経を使っていなければなりませんし、それがまた自分や他人の身を守る最善策であると言えます。

Comments are closed.