最近増えている自転車事故

自転車と自動車の事故を予防する為に気を付ける事がありますが、ドライバーは無理に抜かないようにする事が重要です。
対向車がいるにも関わらず、無理に抜こうとすると狭いスペースで自動車を操作する事になります。その際に車幅を見誤ってしまうと接触事故に繋がってしまう恐れがあります。特にスピードを出している場合、瞬時に判断する必要がありますし、疲労などで判断能力が衰えている状態ですと無理な追い抜き方になってしまう恐れがあるのです。そういった危険を回避する為にも無理に抜こうとせず、対向車が途切れた時に大きく膨らんで避けるようにした方が良いでしょう。
また、道幅が狭い場所の場合、抜く事を考えないようにする事も大切です。抜こう抜こうと思ってしまうと注意力が散漫になってしまい、別の危険を招いてしまう事もありますので、気持ちにゆとりを持って安全に回避できるシチュエーションになるまで待つ事も重要と言えます。
ドライバーはスピードを落とすように意識する事も大切です。先にも述べたように速度が出ているほど瞬間的な判断能力が必要とされますので、まずはスピードを落とし、安全を確保する事が欠かせません。特に小さな子供や高齢者の場合は予想外の行動をする事もありますのでより一層の注意が必要です。

Comments are closed.