自動車を運転する時の注意点

自動車を運転する時の注意点は、教習場で何度も繰り返し言われたことを守りさえすればいいのですが、運転に慣れるにしたがって怠りがちになってしまいます。
事故防止のためにできることは、まず第一はスピードを出し過ぎないことですが、これは残念ながらほとんどの車が制限速度を守っていない現状です。プラス5キロから10キロくらいでしょうか。ただ、交通事故が起きやすく、悲惨な結果につながるのテクスチャー10は、スピードの出し過ぎですので、普段から心がけておく必要があります。
第二は、守るべきことは守るという姿勢です。たとえば、信号のない横断歩道で人が立っていたら一時停止するのが基本ですが、これも守らないドライバーが圧倒的に多い現状です。ここも危険が潜んでいるところなのできちんと守ることです。
そのほかにも、事故防止のためにできることはたくさんありますが、総じて言えば、先を予測しての運転です。
自転車が横を走っていたら、接触する危険性とか、お年寄りが歩いていたら、何かの拍子に転んで車道側に倒れないかとか、交差点では不意の飛び出しがあり、自分の車とぶつかりはしないかとか、その場その時に応じた先の予測をすることが大切です。
そうすれば、少しセンターライン際を運転するとか、もう少しスピードを緩めて万一に備えるとか、具体的な事故防止のための運転ができるのです。

Comments are closed.