自動車事故はひとりひとりの意識で減る

交通事故と言うのは、車や壁などが傷つくだけでなく、時にはテクスチャー09人が傷つくこともあり、最悪命を落とすことにもなる悲惨なものです。
事故を起こすことで人が傷つけば一生なくならない心の傷を負うことになります。車の修理代でもお金はかかりますし、各種手続きで時間もかかり、いいことはまったくありません。
「一度たりとも間違いがあってはならない」といった、一人一人のしっかりとした意識が大切です。事故は、一人がどれだけ気を付けていたとしても起きてしまうことがあります。歩行者やドライバー、すべての人が危機意識を持って落ち着いた行動をとることがとても大切です。
例えば、事故防止のためにできることに、手の動きで意思を示すというものがあります。お店や病院など、街の中の施設に車で入って行く時に、歩行者や自転車の利用者と通るタイミングが一緒になったとします。その時は、一時停止をして、相手が通っても良いか迷っているようであれば、手を伸ばして差し出して「どうぞ」といった意思を示してあげます。
また、シートベルトをしていない同乗者に声をかけてつけるようにお願いをしたり、疲れているようであれば無理に運転せず、バスや電車などで移動するなど、慎重に行動することが大切です。

Comments are closed.